ウィッグの使えるシーンは様々あります!

こんなときにも使う人がいる!ウィッグの使い道

ウィッグと言えばおしゃれな印象がありますが、おしゃれのためだけでなく色々な方に役だっているのをご存知でしょうか?医療用としての使い道は有名ですね。ウィッグがあることで自信を取り戻している方も大勢いらっしゃいますし、ヘアドネーションという髪の毛の寄付も、有名人を始め徐々に広まってきています。
また、就活用としての使い方があるんです。各種学校の中には、就職活動の指導をする際に、特別な場合を除いて黒髪での登校を指導しているところもあります。そんなときに、普段派手な色に染めている生徒がその日だけ染めるのはとても難しいことです。やはり手っ取り早く黒髪にしたいときはウィッグが手軽なのです。
おしゃれのためにウィッグを使う方も、治療を契機に必要になった方も、学校の指導のために使う方も、欲しいのはウィッグですがそれぞれ必要とする色や製品が異なります。通販サイトで検索すれば、ご自身が求めているデザインや材質のものが短時間で見つかりますし、街で探すよりもずっと楽にできます。
昔に比べて、ウィッグの品質は格段に向上しています。つむじの形や、根元が伸びてきたプリン状態の再現など、より自然に見えるウィッグが大きく成長してきています。ぜひ通販で素敵なデザインを見つけてみてください。

どっちもメリットが!ウィッグの材料の違い

ウィッグ初心者の方は、材質から何からどれを選べば良いのか分からないということもあるでしょう。まず、ウィッグの毛髪には、大きく分けて二種類の材質があります。一つは人工の髪です。基本的に化学繊維が使われており、つやつやして軽いのが特徴です。もう一つは人毛を使ったもの。本物の人の髪の毛を利用しており、近年はウィッグの材料にする髪の毛の寄付も話題になっています。
この二つの差は何かというと、最初に分かるのが価格です。化学繊維のものは大量生産もしやすいため、比較的お安く手に入れることができます。学生さんや、コスプレ等イベントで一時的に使いたくなった方、いくつも使い分けたい方などに人気なのが人工毛のタイプなのです。コスプレをされる方は、ご自身でウィッグに色をつける場合もあります。
また、化学繊維のほうがキシキシとした感触のため、スタイリングがしやすいというメリットがあります。洗いやすいので手入れが楽なのも特長の一つです。一方、人毛ウィッグは自然な見た目やパーマなどのアレンジにも対応できることがポイントです。価格は高めになっていますが、天然のものにこだわりたい方、地毛との差を作りたくない方はこちらを選ばれると良いでしょう。どちらも良い所がありますので、目的によって通販サイトなどでご購入ください。

contents

  • ネット通販で豊富な中からウィッグ選び

    色々なコスプレに合うものが購入できるウィッグ通販 イベントなどでコスプレをする機会が多くなって…

    » 続きはコチラ

  • ウィッグが叶えてくれる変身願望

    かわいく見せるには?ウィッグの形と色が重要 今の自分の髪色と違うカラーを楽しみたいけれど、実際…

    » 続きはコチラ

  • 足を踏み入れやすくなったウィッグの世界

    ウィッグで楽しむオシャレ 今や種類やカラーが豊富なウィッグですが、日によっていろんなヘアスタイ…

    » 続きはコチラ